住む場所選びは大事

住む場所選びは大事

子供が大きくなると、たいへんお金がかかります。これほどまでにかかるとは思いませんでした。節約できないのです。「子供の小さい頃は、お金を貯めましょう」というのは、本当でした。どうして、もっと計画的にお金を貯めなかったんでしょう。ばかにもほどがありました。みなさん堅実に着々と、お金を貯金しています。一方の私は、お金を大盤振る舞いしてしまいました。これらのみなさんは、デフレを経験されているので、商品の価値がわかる世代だと思います。この商品価値が、高いのか、それとも、お安いのか。それを見極めながら、モノは購入していきましょう。これが大切です。私は、衝動買いばかりしているので、安物買いの銭失いです。
ところで、住まいを選ぶとき、自分が経験しなければわからないことではあるのですが、自分の住む、地方公共団体で、大変な地域格差があるということがあります。調べてみると、大変な差が出てきているのです。たとえば、子供の医療費、東京23区は、中学生まで無料だということを聞いたことがあります。私は、子供の医療費の無料にはあまり、恩恵を受けていません。さらに、高校の授業料無料も、大変なありがたさです。時期があり、恩恵にあずかれなかった方たちは、どれほどご苦労されていたのでしょうか。中学校や、高校生にいるご家庭には、もっともっと手厚い補助が必要だと感じています。考えてみてください。授業料、約1万円。払うのと払わないのでは、格段の差です。もちろん、年収が900万円もあれば、そのご家庭の方は、お金持ちなので必要はないでしょう。900万円なんて、夢の又夢です。こんな家庭には、大変ありがたい制度になりました。子供の補助金一つとってみてもわかります。